« 王子様 | Accueil | 新手の手口か? »

avr. 19, 2005

阿修羅城の瞳

予告が良かったので、観たい観たいと騒いでいたら副部長も観たかったようですんなり鑑賞の許可が下りましたよ。
しかし事前に評価サイトを見たらなにやら辛口の点数だったので、覚悟して観に行ってきました。

ストーリーは、時代劇風オカルティックファンタジー。
あくまでファンタジーなので、突っ込んではいけません。
あぁ、ファンタジーだぁ。と思って見ることをオススメしますよ。

衣装は素敵なんだろうか?ちょっと微妙?
うーん。
阿修羅の衣装とかは安っぽいなぁって感じ。
染五郎の衣装はまぁまでしょうかね。
ま、後はファンタジーですから。。。
そういえば国成(内藤剛志)って、美味しんぼの海原雄山に似てるなぁ。
うん。似てる。
J0021


良かったところもあげておきましょう。
まずは音楽。
これは本当にいいです。
サントラは買ってもいいと思いました。
小日向さんは相変わらず、いい味出してましたね。
ま、ここは思いっきり主観ですが。
鬼っ子は上手いのか下手なのか微妙なところですが、無感情、無表情でなかなかよろしいかと。

そんなわけで
★★★☆☆(2.5)

阿修羅城の瞳

|

« 王子様 | Accueil | 新手の手口か? »

Commentaires

はい、美味しんぼです。
予告を見たときからずっと気になってたんです。
誰かに似てるって(笑)

Rédigé par: じろ | le avr. 21, 2005 à 22:48

あはは、美味しんぼですか!
笑ってしまいました。
いいですね~
誰に似てるかなんて全く考えませんでした~

Rédigé par: kossy | le avr. 21, 2005 à 01:42

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61642/3765377

Voici les sites qui parlent de 阿修羅城の瞳:

» 阿修羅城の瞳 [but Beautiful]
 小手先の演出と話題のキャスティングだけで注目をさらって行った真夜中の弥次さん喜多さんよりも数倍面白いですが、舞台版を知らない人には魅力が伝わらないかも。 [Lire la suite]

Notifié le le avr. 21, 2005 à 00:28

» 阿修羅城の瞳 [ネタバレ映画館]
 「おもしれえ!面白すぎる!」と言う南北(小日向文世)が面白すぎた。  せをはやみ いはにせかるる たきがはの われてもすゑに あはむとぞおもふ・・・  百人一首は苦手だが、苦手な人のために「“せ”で始まる句は一つしかないからこれを覚えておくといい」、という言葉を信じてこの句だけを覚えたものだ。しかし、苦手な人の考えてることは皆同じ。結局は「せをはやみ」争いになってしまう・・・  �... [Lire la suite]

Notifié le le avr. 21, 2005 à 01:40

» ★「阿修羅城の瞳」 [ひらりん的映画ブログ]
劇団☆新感線で上演され大ヒットした同名の舞台劇を映画化。 予告を見て面白そうだったので「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」 見たあと、続けざまに鑑賞。 2005年日本製作のロマンス・アクション・時代劇、130分。 あらすじ 江戸時代・・・平穏そうな町にも人間の姿を借りた魔物=鬼がはびこっていた。 見つけちゃぁ、叩き切ってたのが闇奉行と言われていた組織・「鬼御門」。 そこの一番の腕利き=鬼殺し... [Lire la suite]

Notifié le le avr. 21, 2005 à 01:52

» 試写会「阿修羅城の瞳」 [こまったちゃんのきまぐれ感想記]
試写会「阿修羅城の瞳」開映18:30@イイノホール 「阿修羅城の瞳」2005年 日本 配給:松竹 監督:滝田洋二郎 原作:中島かずき(劇団☆新感線) 出演:市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志、    大倉孝二、皆川猿時、二反田雅澄、桑原和生、山田辰夫、蛍雪次朗、土屋久美子、    韓英恵、G−Rockets(山中陽子、鵜沢優子、関根あすか、半澤友美)、    沢尻エ... [Lire la suite]

Notifié le le avr. 23, 2005 à 16:25

» 『阿修羅城の瞳』 [京の昼寝〜♪]
 阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に遷る ■監督 滝田洋二郎 ■原作 中島かずき「阿修羅城の瞳」 ■市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志、韓英恵  時は文化文政の庶民たちの活気に満ち溢れた江戸。 かつて、人を食らう鬼を斬る「鬼御門」の副長であり、“鬼殺し”の異名をとっていた病葉出門(市川染五郎)は、今は江戸随一の人気を誇る舞台役者として活躍していた。 ある日出門は�... [Lire la suite]

Notifié le le mai 04, 2005 à 17:14

» 阿修羅城の瞳 [映画短歌・せんかいへき blog]
 血を浴びた肩の疼きに逆らえず 燃えて染まりて舞う椿かな ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ★★★☆ 2005 日本 監督:滝田洋二郎 阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に還る… 前知識なしで観たもので、“オニミカド”って、帝が鬼ってことなのかなと思っていたら、 “鬼御門”っ�... [Lire la suite]

Notifié le le mai 05, 2005 à 09:40

» 阿修羅城の瞳 [シネクリシェ]
『陰陽師』シリーズや『壬生義士伝』で、時代劇では手堅い演出をみせてくれた滝田洋二郎のことだから、今回 [Lire la suite]

Notifié le le mai 21, 2005 à 10:19

» 阿修羅城の瞳 映画版 市川染五郎 宮沢りえ [Dazzling M]
阿修羅城の瞳 久々に出会った当たり!の邦画 かなり新感線風味に仕上がっているが ホントにいい作品! これには正直マイッタぁまず、BGMがハマっています。インディア風、ロックそしてSTING。 カッコ良すぎてやばいです 衣装やセット。エフェクトは劇団☆新感線味がでまくりです 舞台で表現し切れなかったことがCG使えることで制約がなくなった! ということで、完全無欠級のエンターテイメントに仕上がってます そして、細かいもの1つ1つが良い意味でひっかかってくる 歌舞伎化粧半分の染... [Lire la suite]

Notifié le le déc. 06, 2005 à 18:44

« 王子様 | Accueil | 新手の手口か? »