« ルークがきゅうりDEベイダーは芋! | Accueil | 業務連絡 予定 »

mai 22, 2005

海を飛ぶ夢

自ら死を選ぶ状況っていったいどんなだろう?
死にたいって思うことはあっても、それは思うだけで実行するわけじゃない。
すぐにそんなことは忘れて、いつもと変わらない日常に戻ってゆく。
じゃ、実行してしまう状況って?
この映画は、そういう状況に一端を描いている。

テーマがテーマだけに重いです。
娯楽感覚で、泣ける映画だと思って観るとかなりきついかも。

どうしてラモンが死を選ぶのか?
ラモンと彼を取り巻く人々のやり取りを通して、それがしっかりと描かれてます。
観てて痛々しいというか哀しいというか寂しいというのか。。
自分の愛する人がすぐそこで倒れているのに自分は駆けつけて抱き上げることもどうすることも出来ない。
それってどうなんだろう?
なんていうか無力感で堪んないよなぁと。
そういうことの積み重ねが、彼に死を選ばせたのかなと。

ラモンと彼を取り巻く人々との交流は、この映画の中で唯一の救いかな。
彼がそれほど魅力的で賢い人なのかがわかる。
なんていうかそういう部分があるから余計に重いかな。
結末がわかりきっているだけにね…
でも、重いんだけど絶望とかそういう負の感じはしないんだよね、不思議と。
なんかどうしようもなくなるまでは走りきれそうだなって、そんなふうに思える。
DANCER IN THE DARKを観たときのような虚脱感とかすかな希望を感じた。

ってなわけで
★★★

公式サイト

|

« ルークがきゅうりDEベイダーは芋! | Accueil | 業務連絡 予定 »

Commentaires

あ。様
そうですね。フリアがどうして生きることを選んだのかは気になりますね。
もしかすると、ラモンよりも死を選択できる自由度(いつでも死ねる)が高かったからかもしれないですね。

aco様
生きることと死ぬこと。
とっても難しい命題ですよね。
こうだという答えはないですからね。

Rédigé par: じろ | le mai 25, 2005 à 01:52

トラックバックありがとうございました。
「DANCER IN THE DARKを観たときのような虚脱感とかすかな希望を感じた。」
とのことですが、確かに・・・感触は似てるかもしれませんね。
あれから原作も読みました。
ラモンの選択について、また考え方が変わりそうです。

Rédigé par: aco | le mai 24, 2005 à 10:14

トラックバックありがとうございますm(_ _)m
個人的に、フリアが生を選んだのが印象的でした。男女の違いか、「尊厳」の違いか、パートナーがいたからか、いなかったからか。などなど、考えをめぐらせてしまいました。

Rédigé par: あ。 | le mai 23, 2005 à 16:22

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61642/4164895

Voici les sites qui parlent de 海を飛ぶ夢:

» 海を飛ぶ夢 [シネクリシェ]
 尊厳死を取り扱った作品ということは事前に耳にしていましたが、これほどの直球勝負とは予想外でした。  この重いテーマから少しも目をそらさず、 [Lire la suite]

Notifié le le mai 23, 2005 à 05:51

» 映画「海を飛ぶ夢」 [今日も上天気!]
たとえば電話が鳴る。それを聞き、受話器を取る。 たとえば読みたかった本を見つける。それを見て、胸ときめかせながら本を手にする。 たとえば会いたかった人が来る。嬉しくて、笑顔でその人に歩み寄る。 そう、私への電話 読みたかった本 会いたかった人 は、すぐそばにいる。 しかし、 私への電話 読みたかった本 会いたかった人 が、いつも近いとは限らない こんなに近くにあるものが、自分からは... [Lire la suite]

Notifié le le mai 24, 2005 à 15:04

» 海を飛ぶ夢 [impression]
<ストーリー>9歳でノルウェー船のクルーとなり、世界中の国々を旅してまわったラモン・サンペドロ。 だが6年後、皮肉にも同じ海で起きた事故により四肢麻痺の障害を負ってしまう。 家族に支えられベッドで寝たきりの生活を28年間続けた末、ラモンは尊厳死を決意するのだが…。 『... [Lire la suite]

Notifié le le mai 25, 2005 à 19:23

» デッドヘッドで帰国! [麻布十番CA日記]
こんばんは。フライトからかえってきました!! 地震のことは忘れて、いつもの日記を書きま〜す♪ 今回のフライトは行きは乗務で、帰りはDHでした。 DHとは「DEAD HEAD(デッドヘッド)」の略で、 乗務を行わず、お客さんと同じ様に客席に座って帰ってくるんです。... [Lire la suite]

Notifié le le juin 01, 2005 à 22:47

« ルークがきゅうりDEベイダーは芋! | Accueil | 業務連絡 予定 »