mai 26, 2009

ラースと、その彼女

ハートフルリアルドールストーリー
ゲテモノ系でもコメディでもなくハートフルリアルドールストーリー
観終わった後にウフフってなるよ

ってなわけで
★★★★★

公式サイト

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

mars 28, 2007

超劇場版ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!

J0130

王道、まさに王道。
物足らなさもあるけど、泣かされます。

詳細は後程
★★★☆☆


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

mars 10, 2007

ラストキング・オブ・スコットランド

★★★★☆(3.5点)

公式サイト

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

févr. 26, 2007

アカデミー賞

J0113

第79回アカデミー賞特集

仕事中にふと思い出して、確認したわけデス。
こっそりと。
んで、作品賞受賞作を確認して我が目を疑った瞬間の気持ち。

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

mai 21, 2006

ダ・ヴィンチ・コード

某所の酷評を読んだため、特に期待感はなく、どれほど酷いのかを確かめようと云う気で観ました。
これが功を奏したのか、思いの他よかったです。

どうにも配役に納得がいかなかった、トム・ハンクスですが観てるうちに慣れます。
あの髪型はどうかと思いますが、慣れます。
慣れって恐ろしいデス。

キャスティングの妙は、やはりイアン・マッケランとポール・ベタニー。
なんというか、大変、変態役が…

ストーリーは、ほぼ原作通りです。
はしょってる部分もあるけど、たぶん気にならない程度。
というか、読み終わってから1年くらいたってるのでじろが忘れてるだけとも。。
ストーリーはものすごい勢いで進むので、原作未読だとつらいかも。
未読でもキリスト教や西洋美術、歴史に興味があれば、大丈夫かな。
ある程度、事前学習が必要な話です。
エンターテイメントなんだけどね。

ってなわけで
★★★☆☆

原作は観に行く直前で読むとアラとかが気になっちゃうかも。
原作の内容を少し~半分くらい忘れた状態で観るのがベストかも。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

avr. 04, 2006

ディック&ジェーン 復讐は最高!

「おかしな泥棒ディック&ジェーン」のリメイク。
オリジナルは観てないんですが、面白かったです。
シリアスめな話ばっかり観てたので、余計かな。

人間、極限状態までいくとなにしでかすかわからんですね。
泥棒って!
しかも、なんていうかとんとん拍子でうまいこといっちゃうところは、ま、目をつぶりましょう。
泥棒を働くまでのくだりととか、その辺のディック&ジェーンの掛け合いがかなり面白いです。
やっぱり、ジム・キャリーのくるくる変わる表情はさすがです。
とくに悪い顔になってるところが面白いかな。

ってなわけで
★★★★☆(3.5点)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

avr. 02, 2006

イーオン・フラックス

アニメを原作とした映画です。
アメリカではいまいち不評だったようですが。。。(副部長情報)

ストーリーは、可もなく不可もなく、非常にわかりやすい展開です。
突っ込みどころも満載で、そこはそこそこ楽しめます。
人物がやや薄っぺらい感じ。
魅力が感じられないです。
アクションは、まぁまぁなんですが、じゃっかん、シャーリーズ・セロンが重たい感じ。

よいところも。
主演のセロンは、もうほんとに美しいデスね。
うらやましくなっちゃ位のナイス・バディです。
さらに衣装が結構セクシーなので、目の保養です。
うん。
そのくらい。

原作、まったく知らなかったんで、ググッてみてびっくり。
イーオン、男ジャマイカ?

ってなわけで
★★★☆☆
何も考えないで、楽しむには及第点ってことで。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

avr. 01, 2006

蟲師、映画化!?

なにげにWikipediaの蟲師の項目を見てて、わが目を疑ったわけですが…
どうやら本当のようです。

大友克洋 実写版『蟲師』を監督
「蟲師」実写映画化

監督、大友さんか。。。
微妙だなぁ。
オダギリジョーがギンコか。。。
勘弁してぇ。・゚・(ノД`)・゚・。イメージじゃないよー

あー、でも、観に行くんだろうな…

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

mars 15, 2006

ドラえもん のび太の恐竜

初めて劇場で観た映画は何ですか?
じろは、コレなんですね。
もちろん劇場で観た記憶なんて何一つ残ってないワケで、テレビでやってたのを観たり、ビデオで観たりの記憶なんですが。
自分で観に行きたいと言ったわけではなく、両親が連れて行ったらしいんですがね。
ま、そんなこんなでこの映画はとても特別なんですよ。

見直してみて、やっぱりいいなと思うわけです。
単純なストーリー展開なんですが、刷り込み効果のせいかこの展開がたまらないんですよね。
何なんでしょうね?
台詞回しが時代がかってるというか、なんと云うか。
こんなしゃべり方だったけなぁと懐かしく思ったり。
つこっみたいところありますが、ちょこっとセピアな感じで、ちょこっと泣いて。
やっぱり好きです、ドラえもん。

いまだに新しいドラえもんの声にはどうやっても拒絶反応がでるのは、もう仕方ないなぁと。
やっぱりじろは、大山ドラえもんで育っちゃったからね。
これは譲れないんだろうね。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

mars 07, 2006

シリアナ

( ´ー`)y-~~
なんていうか、予備知識なしで観るのは相当にきつい。
なんていうか、終始、( ゚Д゚)ポカーンって感じですよ。
もうね、コレと云った説明的な部分は一切なし。
ある程度、予習してから観に行かないとダメです。

もちろん、じろさんは予習なんてしません。
予習、復習は昔からしませんヨ!
話を追うので精一杯で、内容なんか頭に入ってこないです。
あとね。
人の見分けがつかんのです、中央アジアの方々が。
髭の幅が厚いのが兄で、薄いのが弟だったみたい。
この辺も頭に入れておくといいかも。

多聞に人を選ぶ映画です。予習はとっても大事ですよ。
ってなわけで
★★☆☆☆(2.5点)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧